遊☆戯☆王:高橋和希の死を悼む業界と仲間たち


Sven Raabe | 15。。-:16h

昨日、彼の最も有名な作品である漫画家高橋和希の死のニュース、シリーズ「遊☆戯☆王」を勃発。 は。 現在、アニメ、マンガ、ゲーム業界のさまざまな仲間が別れを告げています。

2日前メッセージを受信しました「遊☆戯☆王」クリエーターの高橋和希さんの死去16年が過ぎました。 彼の漫画のヒットで、彼は世界中の何百万ものファンの若者を豊かにし、形作りました。 現在、公式カードゲームに加えてフランチャイズのビデオゲームを担当しているコナミと長年の仲間の両方が漫画家に別れを告げています(経由) )アニメニュースネットワーク)。

コナミ、アニメメーカーとコンパニオンが高橋和希を記念して

マンガカジョージ森川(「はじめのイッポ」)がコメントしました

Twitter

彼の友人のカズオ(高橋の誕生名)の死について:「私たちは親しい友人でした。デビューは間近で、同じ出版社がありました。 私たちは麻雀の友達でもありました。」あなたの最後の会話は何年も前でした。 その時、高橋は友人の森川に、将来また一緒に麻雀をするかどうか尋ねました。 森川は「あなたは本当にゲームの王様だったと思います」と結論付けています。彼らは「高橋和希さんの突然の死にショックを受け、悲しみました。 彼が作った素晴らしい遊☆戯☆王の宇宙に心から感謝しています。私たちの考えは、この困難な時期に彼の友人や家族と一緒です。 数え切れないほどのファンと一緒に、私たちは遊戯王の遺産を、それにふさわしいすべての愛と思いやりをもって継続することを約束します。」コナミは遊戯王のゲームとフランチャイズの公式デッキの両方を公開しています。

アニメの長編映画「遊☆戯☆王」を主任作画監督として手掛けた加々美高浩と。 3D:Bonds Beyond Time」、誰かがTwitter

で一緒に働いていた人も話しました過去の様々なプロジェクトに携わった高橋和久:「突然、自分の一部から離れたような気がします。 「遊☆戯☆王」と高橋和希の存在が融合したと思います。 高橋和希先生、ありがとうございました。」加賀美は昨年、漫画家と話をし、高橋の前向きな姿勢を思い出し、ブランドの作者の言葉に勇気づけられました。

Facebook

「遊☆戯☆王」クリエーターとの出会いの逸話。 スチュアートと彼の同僚のダン(闇遊戯/アテムによる英語の声)は、高橋が彼らに会いたいと思っていたイベントで知りました。 簡単なチャットの後、スチュアートは、マンガ家が2人の声優と特別な写真を撮りたいかどうかを翻訳者に尋ねました。「翻訳者の目は広がり、彼は先生にそっと話しました。 彼は微笑んでYESと言った!」

最近、少年ジャンプ誌は「遊☆戯☆王」の漫画を…から2022はに公開されましたツイッター話す。 責任者は、「以来)それが彼らの特権であったことを後書きで書いています高橋和希先生の出版社である年。 私たちと彼の多くのファンはこのニュースに深く悲しみ、彼のゆるぎない精神、エネルギー、そしてストーリーテリングへの献身を失います。 彼の遺産と遊☆戯☆王への影響!

ちなみに、ドイツの出版社であるカールセン出版社も高橋和希の突然の死についてコメントしました。 同社はこの国で「遊☆戯☆王」の漫画を出版している。 短いTwitterメッセージには次のように書かれています: “高橋和希の突然の死に深く悲しんでいます。 マンガ家[…]は彼の芸術に感銘を受けただけでなく、彼を素晴らしい人物として体験しました。 安らかに高橋-

先生。 “


Twitter



作成者ツイートを読み込むと、Twitterからのプライバシーポリシーに同意したことになります。
詳細

コンテンツの読み込み


Twitterは常にツイートのブロックを解除します

2022202220222022




ツイートをロードすることにより、Twitterのプライバシーポリシーに同意したことになります。

もっと詳しく知る

コンテンツの読み込み

Twitterは常にツイートのブロックを解除します

20222022Twitter



ツイートをロードすると、Twitterのプライバシーポリシーに同意したことになります。

詳細

コンテンツの読み込み


常にTwitterツイートのブロックを解除する

2022

遊☆戯☆王についてのより多くのニュース!。

2022PlayStationフォーラムでこのニュースについて話し合う2022

アマゾン、メディアマルクト、サターン、その他の小売業者へのリンクは通常、アフィリエイトリンクです。 購入すると、無料サイトの資金調達に使用できる小額の手数料が発生します。 不利な点はありません。

Related Articles

Back to top button