Deviation Games: Hermen Hulst の訪問とモーション キャプチャの記録が進行中

ドミニク・カウフマン | 02..2021 – 16: 397 PM

今週はPlayStation HeadがHermen Hulstさんを訪ねていました偏差値ゲーム。 米国のスタジオは現在、秘密の PS5 プロジェクトのモーション キャプチャ作業で忙しい.

Deviation Games: Hermen Hulst zu Besuch und Mo-Cap-Aufnahmen im Gange Deviation Games: Hermen Hulst zu Besuch und Mo-Cap-Aufnahmen im GangeTwitter Twitter

6月2021 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、別の協力を発表しました。 それ以来、PlayStation メーカーは開発スタジオ Deviation Games と協力して AAA プロジェクトに取り組んできました。 このスタジオは、2 人の元「コール オブ デューティ ブラックオプス」の開発者である Dave Anthony と Jason Blundell によって設立されました

今週、PlayStation の責任者である Hermen Hulst がスタジオを訪問しました: 彼は 2 人のスタジオの創設者と一緒に写真で見ることができます。 別の写真は、彼がチーム全員と一緒にいる様子です.

Twitter Twitter

Twitter

ツイートを読み込むことで、Twitterのプライバシーポリシーに同意したことになります.

もっと詳しく

コンテンツを読み込む

Deviation Games: Hermen Hulst zu Besuch und Mo-Cap-Aufnahmen im Gange

翌日、俳優のデビッド・パラディーノ氏がプロジェクトのモーションキャプチャー作品に注目を集めました。 これらは、ソニーの PlayStation Visual Arts Studio で行われます。

Twitter Twitter Twitter Deviation Games: Hermen Hulst zu Besuch und Mo-Cap-Aufnahmen im GangeTwitterTwitterDeviation Games: Hermen Hulst zu Besuch und Mo-Cap-Aufnahmen im Gange

ツイートを読み込むことで、Twitterのプライバシーポリシーに同意したことになります.

もっと詳しく

コンテンツを読み込む

Twitter は常にツイートのブロックを解除します Deviation Games: Hermen Hulst zu Besuch und Mo-Cap-Aufnahmen im Gange

Paladino との作業は理にかなっています: 過去に、彼はさまざまな「コール オブ デューティ」スピンのいくつかの音声録音に関与してきました。オフ。 アンソニーやブランデルとも取引をしたことがあるそうです

Deviation Gamesにどんなゲームが期待できるかはまだ公式には分かっていません。 過去のリークを信じるなら、これはライブ サービス指向の一人称シューティング ゲームです。 長時間のマルチプレイヤーに加えて、シングルプレイヤー モードも含まれている必要があります。 求人広告にも「ストーリーベースの」RPG体験が記載されていました」。 だからおそらく「ボーダーランズ」のようなゲームになるでしょう.

とにかく、Jason Blundell によれば、このメディアは宣伝されるべきです。 お正月も「普通」は避けたいとのことでした

関連記事TwitterTwitter

開発 はしばらく前から本格化しています

そのため、年初にカナダに別の支店が開設され、従業員数も増加しました

Deviation に関するその他のレポートゲーム.

2021このニュースについて話し合うPlayStation フォーラム 2021Deviation Games: Hermen Hulst zu Besuch und Mo-Cap-Aufnahmen im Gange Deviation Games: Hermen Hulst zu Besuch und Mo-Cap-Aufnahmen im Gange Amazon、Media Markt、Saturn、およびその他の小売業者へのリンクは、通常、アフィリエイト リンクです。 購入すると、無料サイトの資金調達に使用できる少額の手数料を受け取ります。 あなたにデメリットはありません

Related Articles

Back to top button