Final Fantasy VII Rebirth:フィナーレだったかもしれない

ドミニクカウフマン| 07。07。2022-09:59ウォッチ

先月正式に知られていました:「ファイナルファンタジーVII」のリメイクは三部作を形成します。 しかし、野村とは異なり、北瀬は3つではなく2つの部分しか考えていませんでした。

Final Fantasy VII Rebirth: Hätte bereits das Finale werden können

長い間ファンは「ファイナルファンタジーVII」のリメイク部分が三部作になるのではないかと疑っていた。 正式には先月、スクウェア・エニックスがRebirth

を発表するまで発表されていませんでした。

そこでゲームディレクターの野村哲也は新しい開発構造について言及し、次のように述べています。 私は自分で開発を始め、シリーズの完成に向けて取り組んでいます。 “

最近のファミ通インタビューで野村が明らかにした理由三部作はとても遅く確認されました。 つまり、北瀬佳範(責任あるプロデューサー)は、3回のリメイクではなく2回のリメイクを開発することを提案しました。 その場合、ファイナルファンタジーVIIリバースはすでにクラウドの冒険のフィナーレだったでしょう。

野村自身は最初から三部作を念頭に置いていました。 しかし、北瀬の提案により、2部構成が検討された。

計画された開発努力は当初不明であった

北瀬氏は次のように説明しています。「ファイナルファンタジーVIIリメイクの開発当初は、作業時間と開発サイクルの種類を確認するのは困難でした。必要ですが、終了すると必要な工数とスケジュールがわかりました。 だから、次のゲームで終わらせる方法があるのではないかと実際に思ったのです。」

最初のリメイクはミッドガルのセクションをカバーしています。数時間のプレイ時間。 したがって、第2版では、さらなるアクション全体に対応することは不可能でした。 ただし、397公開されたリメイクは、別の方法で設計され、追加の場所が組み込まれている可能性があります。 一部のプレイヤーはこの事実を正確に批判し、次のことを発見しました:ミッドガルの章が伸びすぎました。


ファイナルファンタジーVIIリメイクに関するその他のニュース:

  • オリジナルのすべての象徴的な場所が考慮されます
  • 再生:PlayStation 5専用に発表された2回目のリメイク分派

再生:ゲームプレイ、ゲームの世界、ストーリーの新鮮な詳細


    「Rebirth」は冬にリリースされる予定です2023 PS5用。 出版の間隔が同じである場合、最初の最後の部分2027が予想されます。

    ファイナルファンタジーVIIリバイアスの最新情報

    PlayStationフォーラムでこのニュースについて話し合う2023

    アマゾン、メディアマルクト、サターン、その他の小売業者へのリンクは通常、アフィリエイトリンクです。 購入すると、無料サイトの資金調達に使用できる小額の手数料が発生します。 不利な点はありません。

Related Articles

Back to top button