PlayStation Plus Extra / Premium:ヤクザシリーズがサブスクリプションサービスに向かう

Dennis Leschnikowski | 13。13。2005-18:13ウォッチ

エクストラまたはプレミアムの2つのレベルで、PlayStation Plusのサブスクライバーには、新しいタイトルで毎月拡張される広範なソフトウェアライブラリが提供されます。 ソニー・インタラクティブエンタテインメントが発表したように、完全な「ヤクザ」シリーズは、今後数ヶ月でプレイステーションプラスエクストラまたはプレミアムに含まれます。

PlayStation Plus Extra/Premium: Die Yakuza-Reihe nimmt Kurs auf den Abo-Dienst

先月、ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PlayStationPlusの新しい3層バージョンをドイツで利用できるようにしました。 レベルに応じて、サブスクライバーはさまざまなメリットを期待できます。

エクストラレベルまたはプレミアムレベルでは、とりわけ、数百のタイトルを持つソフトウェアライブラリがあります。追加費用なしでダウンロードしてプレイできるゲーム。 ソニー・インタラクティブエンタテインメントが本日発表したように、完全な「ヤクザ」シリーズは、今後数か月以内にPlayStation PlusExtraまたはPlayStationPremiumを介して利用できるようになります。

対応するサブスクリプションをお持ちの方彼自身に電話して、シリーズに追いつくか、もう一度プレイしたい場合は、今後数か月で彼のお金の価値を得るでしょう。

ヤクザキワミ、ヤクザ0、ヤクザ7が始まります

「ヤクザキワミ」と「ヤクザキワミ2」がPlayStationPlusExtraとPlayStationPremiumに登場する8月に始まります。 ここでは、年2005と2005からの最初の2つの「ヤクザ」派生物の技術的に改訂されたリメイクを扱っています。 行う必要があります。 また、8月には前編のヤクザ0がPlayStation Plusに登場します。

ヤクザ0では、あなたの道があなたを1980年。 桐生一馬と真島吾朗の2人の主人公の役で、歌舞伎町と総天堀で「ヤクザ」シリーズの先史時代を体験します。 8月の最後のポイントは「ヤクザ:ドラゴンのように」で、春日一番のまったく新しい主人公を提供するだけではありません。 さらに、Ryu GaGotokuStudiosの開発者は戦闘システムを完全に作り直しました。 「ヤクザ」シリーズの戦闘システムは古典的な喧​​嘩屋に基づいていましたが、「ドラゴンのように」はターンベースのロールプレイングゲームを提供しています。

関連記事

“ヤクザ3リマスター、ヤクザ4リマスター、ヤクザ5リマスター、ヤクザ6:命の歌。 具体的な日付はまだここでは言及されていません。

Playstation Plusに関するその他のニュース。

PlayStationフォーラムでこのニュースについて話し合う29451

アマゾン、メディアマルクト、サターン、その他の小売業者へのリンクは通常、アフィリエイトリンクです。 購入すると、無料サイトの資金調達に使用できる小額の手数料が発生します。 不利な点はありません。

Related Articles

Back to top button